人材育成×社内広報 

① 外部セミナーにより効果をもたらす社内広報

外部から講師を招聘した社内の人材育成のためにセミナー。受講した社員からは「学び」や「気づき」を得られたと満足することも多いでしょう。

しかし、受講者の多くは自身の業務に活かせていません。

中でも思考が「セミナーから学ぶ」ではなく、「セミナーは学ぶもの」という認識にとらわれている方がほとんど。これを「機能認識の固着」といい、発想の転換ができないのです。

発送の転換にはトレーニングが必要で時間もかかります。ビジネス時間の損失を防ぐためにも、トレーニングをしないという発想の転換をしてみませんか。

それは社内広報。

セミナーでの学びや気づきを業務に活かしている社員の取り組みを企業理念と結びつけ、他の社員に伝えます。具体例からセミナーの意味と意義の理解を促すことで、業務に役立てる意識を持たせます。

【社内広報の流れ】

 ・セミナー受講者ヒアリング

 ・模範社員取材

 ・社内広報施策の策定

 ・レポート開示

​  ※外部セミナー実施前からの準備がより効果的です

​外部セミナーの実施

人材育成

アンケートの結果は

​「学び」「気づき」を得られた

多くの人が

このように回答!

​成果の実践は?

​業務に活かされている

​業務に活かされていない

受講が目的・成果と錯覚

「セミナーで学ぶ」のではなく、

「セミナーを学ぶ」という思考

「やった気」になる社員に留まったまま

理由①

会社の指示だから受講した

会社が満足することが仕事と錯覚し、「やってる感」をみせる

会社の“顔色”で行動する社員の横行

理由②

そもそもやる気がない

理由③

業務につながらないのは、セミナーの内容よりも社員の意識が課題

「組織マネジメント×社内広報」で意識改革

会社が求める成果をあげ、ビジネスに貢献できる

このサービスについて詳しい説明をご希望の方はお問い合わせください。

② コーチングで勘違いを起こした社員を

      正しいポジションに戻す社内広報

コーチングの導入により成果が得られた反面、自己中心的な勘違い社員の増加が問題になっています。

勘違いの多くは「自己実現」を「自分らしく」や「自分の存在意義」といった誤解釈、「自分は不必要」や「できない自分」といったネガティブ思考によるメンタルの低下です。

会社に必要なことは「組織の成長」と「個人の成長」のバランスです。

「個人」への偏った思考は「組織」に悪影響を及ぼします。

そこで社内広報。

コーチングで引き出された「自己実現」を企業理念と結びつけた「組織における自己実現」に修正します。組織を改めて見つめ直し、自分のポジションと成すべき業務を理解することで、個人のゴールではなく、企業と社員の目指すゴールを統一します。

【社内広報の流れ】

 ・ヒアリングで「意識のズレ」を確認

 ・社内広報施策の策定

 ・「ズレ・誤認識」を気づかせる講義と情報開示

 ・企業理念の再認識

コーチングの導入

人材育成

アンケートの結果は

自分を見つめ直すことができた

多くの人が

このように回答!

​成果の実践は?

​業務に活かされている

​業務に活かされていない

自己主張が強くなった

自分らしさを受容してくれると

思い込み、わがままが増えた

協調性を欠く結果に

理由①

自分の弱さが不安を増幅

自分が変わることを強要されている

との思い込み

メンタルに障害をきたす結果に

理由②

そもそも余計なお世話

理由③

「個人の思考を見つめ直す=ビジネスに活かせる」の誤解

「組織マネジメント×社内広報」で意識改革

会社が求める成果をあげ、ビジネスに貢献できる

このサービスについて詳しい説明をご希望の方はお問い合わせください。

広報についてお話します。アサインポストにご相談ください

教科書に載っていない、あなただけのアドバイス

ア サインポスト 東京都中央区銀座7-13-6 サガミビル2F

contact@asignpost.com

Copyright © 2016 A SIGNPOST  All rights reserved.

  • linkedin/asignpost/
  • facebook/asignpost